古代史好きな28歳サラリーマンのブログ

古代史、神話、医療に興味があるサラリーマンが全国を旅した発見を書き連ねます。

ゴールデンカムイ聖地巡礼①北海道開拓の村

実写版ゴールデンカムイがおもしろかったので、北海道開拓の村へ行ってきました!

ここは、ゴールデンカムイに登場する建物のモデルが沢山ある聖地巡礼スポットです。

 

 

北海道開拓の村へのアクセス

ゴールデンカムイに登場する建築物がかなりたくさんあるらしいです。(52建造物中33建造物)

 

バス森林公園駅新札幌駅から「開拓の村行き」バスが出ており楽です。

電車とバスを乗り継いで開拓の村にたどりつきました。雪がすごい!

 

入り口にはサインが!テンション上がります!

 

スーツケースも入る無料コインロッカーあり、助かります。荷物預けることもできますよ!

受付に「ゴールデンカムイ単行本主な登場建造物マップ」なるものがあり、これを見ながら周りました!!

 

建物が多いので、番号と漫画のシーンを照らし合わせながら進めていきたいと思います!

 

ゴールデンカムイ聖地巡礼ポイントまとめ

(8)旧浦河支庁庁舎

 

ゴールデンカムイ6巻より

 

入口広場を抜けるとさっそく、家永が潜伏していたホテルが現れてテンション上がります!

 

なんと、中に入って見学可能!!

洋風階段はそのまま再現されています。

ゴールデンカムイ6巻より

 

1Fエディー・ダンの応接間

ゴールデンカムイ7巻より

この豪雪地帯を0から開拓するなんて、すごすぎる。冬に来る事をおすすめしたい。

 

 

(3)手宮駅長官舎

 

茨戸の宿場町の抗争シーンに登場

ゴールデンカムイ6巻より

 

(4)旧開拓使爾志通洋造家

ゴールデンカムイ7巻より

エディー・ダンの屋敷のモデルです。

 

 

(5)旧福士家住宅

ゴールデンカムイ8巻より

土方たちのアジト。土方が寝た縁側の椅子もありました。

ゴールデンカムイ23巻より

 

(6)旧松橋家住宅

ゴールデンカムイ2巻より

 ゴールデンカムイ8巻より

杉本が鶴見中尉に小樽の花園公園名物の団子をご馳走になった丸テーブル!

食べたい方は小樽新倉屋へ行きましょう! 

 

(7)旧有島家住宅

ゴールデンカムイ3巻より

永倉新八土方歳三にアジトとして提供した建物のモデルです。

 

 

(9)旧小樽新聞社

 

ゴールデンカムイ13巻より

白石が遊郭石川啄木に書き込み調査しているシーンで背景に描かれていた新聞社です。

 

 

以上、1区画まわっただけでも大変満足でした!

 

 

 

 

つづく↓

rekitabi.hatenablog.com